こんな方法でしか生きていけない

今年から、一念発起して英会話教室に通っています。
英語はほんの少ししゃべることが出来ます。
でも、海外旅行に行ったときとか、もっと楽しみたいとして、思い切って英会話教室の門をたたいたのでした。
ネイティブな人たちと話すのは楽しいです。
でも同時に、自分の発音や下の形状が、もはやガチガチの日本語で形作られていることを思い知らされてもいらっしゃる。
そんな私の英語学習ですが、つくづく日本人の学習方法に縛り付けられていると感じることがあります。
まず、間違うことが恥ずかしいということです。
子供が会話を覚えていくようにナチュラルな感覚でと、英会話教室の先生にアドバイスを受けました。
つまり、子供たちはちょっとしたいい間違えが多分にあるわけです。
おかしな話ですが、「とうもろこし→とこもろし」「ブロッコリー→ぶっころりー」などという、こんな笑えるいい間違いは常連です。
しかし子供たちは、そんないい間違えを指摘しても、恥ずかしさを感じることはありません。
あ、そう…くらいで、別にどこにも引っかかることなく、間違いを受け止め、正しい言葉を覚えて行きます。
でも、私にはそれが出来ないんですよね。
これが、大人になってしまった性、日本人として恥ずかしいことを嫌う性なのかもしれません。
英会話は特に、ネイティブ達と話すことによって上達していくものなのですが、私は何だか教科書をノートにまとめたくなるタイプです。
こんなまじめで、ノート取りたがりで、間違いを恥じてモジモジしてしまう、こんな方法でしか生きていけない自分に気がついてしまったのでした。口臭を消したい人に人気のTVCMで話題のあれ!本気で対策したい方はこちら