ベビーのハミガキを始めるときの3つの注意点

ベビーの歯は、概ね生後半年くらいになったところから、下の前歯からより生えてしまう。ベビーのハミガキをするには、こういう歯が生えはじめたピークからゆったり慣らしていくとよいでしょう。しかし歯が生えてきたからといって一気に歯ブラシでゴシゴシと磨くわけではありません。ベビーも歯が生えてきたからといって急に歯を磨かれてはびっくりしてしまう。まずは上手に口を開ける稽古から始めましょう。口を上手に開けられるようになったら、最初はガーゼや綿棒などをつぎ込み、手厚く歯を拭いて吊り上げるようにしましょう。女子や父ちゃんはベビーの口の中に指を閉じ込めることになるので、きれいに秘訣を流し清潔にしてから行います。この時にガーゼや綿棒で歯を拭かれることを嫌がるベビーもいる。その場合には、根こそぎ褒めてあげたり、出方をかえて行ってみたり、女子や父ちゃんが楽しそうにハミガキすることで、楽しくなって来ることもあります。ガーゼや綿棒を使ったハミガキの度数としては、めしの残りや就寝前に行うことで、自然と間隔が決まってくるので良い慣例づけになるでしょう。
ガーゼや綿棒によるハミガキに慣れてきたら、いよいよハブラシの需要を始めます。屁理屈口を開けてハブラシを口の中に入れたりすると、ハミガキ嫌いの原因になります。なるべくベビーが楽しみながらできるように工夫するとよいでしょう。
ベビーのハミガキを作るにあたっては3つのファクターがあります。一つ目はやっぱ手厚く面白く行うことだ。ゴシゴシ磨くのではなくやさしくマッサージしたり、触れるようなイメージで行うとよいでしょう。誠にちっちゃな歯なのでハブラシを細く移すことも大切です。次に上の前歯の歯茎の中葉にいる筋に強く当たってしまうと、非常に痛みます。前歯を磨く時折当たらないように満足注意する必要があります。最後に、口を開けなかったり、うまく磨くことができなくてもイライラしては逆働きだ。最初は遊ぶような感覚で、ベビーがハミガキが味わえるようにしましょう。
あなたのその心意気、ブリアンなら到達できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です